Exhibition 09. resonance
kanehen

2018/02/14 企画展

2018. 3/17 (土) - 4/1 (日)

12:00 → 18:00(最終日17:00)木曜定休  

 

レゾナンス resonance

 

共鳴、共振
空気と風と光
空間のレゾナンス
金属を叩く音
生活の中に共鳴する器

 

金槌で金属を叩く、鍛金という技法で制作されるkanehenの作品。真鍮や銅、銀など、金属の奏でる音をしるべに生まれる形は、静かに重みある存在感が魅力的。暮らしに溶け込み、使い込むごとに変化する表情にも楽しみがあります。今回の展示では、ゆらゆらと、空間と共振するモビール作品を中心に、プレートやボウル、カトラリーなど暮らしのものも並びます。金属のつくる静と動の風景。春の風と、静かにたゆたう木曽川の流れとともに。

crossing 黒元 実紗

 

 

◎作家在廊日|3/17(土)

 

 


◼︎kanehen [flower base]

 


◼︎kanehen [mobile]

 


◼︎kanehen [bowl]

SECTION TOP

PAGE TOP
top

© 2018 Crossing. All rights reserved.