Exhibition 17. VEINS
河合 和美 Kazumi Kawai

2018/10/31 GALLERY

2018. 11/10 (土) - 18 (日)

12:00 → 18:00(最終日17:00)木曜定休  

 

今展に際し、河合和美から出てきた言葉は「VEINS」。 静脈、水脈、葉脈、石の組織や木目などを意味することば。そして届いた色は「緋/あか」。新たにうまれたその緋は、自然との同調だけでは得られない、葛藤や戦いの上の強さとともに、女性らしい気品と色香を感じる色だったことに喜びを感じた。山間の家で自然と寄り添うように暮らしはじめた彼女から生み出される世界は、季節の事象や時間の流れ、大きな潮流の中に漂うように刻々と変化しているが、今はその粘り強い芯のある強さを増しているように思う。展示に向けて「世界や私達の内も外も満たし絶えず流れる、静かで大きな力の存在を表したい」という彼女の希望が、どのような形でギャラリーの空間に描かれるのか、楽しみでならない。

crossing 黒元 実紗

 

◎11.19(土)作家在廊日

 

 

 

[河合 和美 Kazumi Kawai]
1984年生まれ。 瀬戸で焼きものを学んだのち岡山へ居を移す。自然と土に寄り添い暮らす 日々から受け取る喜びをかたちに。

SECTION TOP

PAGE TOP
top

© 2018 Crossing. All rights reserved.