Exhibition 22. 祈りの痕跡 Traces of Prayer
熊谷 峻 Shun Kumagai

2019/02/21 GALLERY

2019. 3/9 (土) - 24 (日)

12:00 → 19:00(最終日17:00)火曜定休

 

熊谷峻のガラスに出会い、美しという感情はどこからやってくるのか、あらためて自身に問いかけた。高温の炎に煮えたぎり、土や金属と溶け合い、カオティックな重みあるその作品は、ともすれば濁り、朽ちて汚れたようで、しかし光に透かすと浮かび上がる景色は紛れもなくガラス特有の清潔な美しさであり、そこには色気と尊さのようなものを感じる。自身の制作過程の、そのひとつひとつに奇跡の出来事の「痕跡」があるのだと表し、1000°Cの窯の中で起こる、目には見ることができない出来事に心を寄せ、作ることを「祈ることに似ている」という熊谷峻。ギャラリーの空間に並ぶ壺や蓋物、ユーモラスな路傍の神像たちに時を感じ、その祈りの痕跡をなぞることができる幸福を、共に感じていただければと思う。

crossing 黒元 実紗

 

 

We will hold an exhibition of Shun Kumagai glass works.The theme of created these works is “Traces of Prayer”.Phenomenon that cannot be seen by the eye taking place inside a 1000℃ kiln.The glass melts, joins with the clay and melts together with the metal.While imagining this scene, He create the original shape, make the mold, fill it with glass and fire it.Cool it, carefully split the piece from the mold and finally be able to meet that molded shape which has become glass. Glimpse the traces of the miraculous phenomenon in each and every piece and be deeply moved by them to create more.He said ” This series of actions is similar to prayer”.

 

 

◎3.9(土)作家在廊日
13:30頃より熊谷さんが秋田より在廊予定です。
作品について、制作についてお話を伺います。ぜひお運びください。

 

 

 

 

[Profile | 熊谷 峻 Shun Kumagai]
1983年 秋田県生まれ。2006年 秋田でガラスを学ぶ。2012年 富山ガラス工房所属(〜2016)。2017 秋田に戻り制作を行う。
ガラス鋳造の技法を展開させ、主に器や像を制作。

1983 born in Akita, Japan. Lives and works in Akita, Japan. 2016  Learned glass in Akita. 2012-16 Toyama Glass studio.
ガラスが窯の中で高温で溶ける様子を想像しながら、アレコレと手を動かすことは、明日の天気を祈ったり、目に見えない菌類や宇宙のことを考えたり、そういったことと似ていると感じています。そしてガラスがそれに反応し、想像を全く超えるものが出来上がってしまった時、新しい何かを発見したような喜びや幸せを感じます。― 熊谷峻

 

SECTION TOP

PAGE TOP
top

© 2018 Crossing. All rights reserved.