MARGINALIA 2019

2019/03/20 EVENT

街の“余白”に2日間だけ現れる、ジャンルレスで自由な大人のためのエキシビジョンMARGINALIA(マージアリア)。昨年に引き続き開催される複数店舗による合同企画展です。この2日間、GALLERY crossingでは成田 周平とアリーズ カティキによる2人展「Roots; ルーツ」を開催しております。
アート、フード、ファッションなど、ジャンルを越えて、豊かな表現が集う展示会。ぜひこの機会に遠くからも足をお運びいただければと思います。

 

 

日時: 2019.4月13日(土)14日(日) 10:00 – 17:00

会場: 岐阜県美濃加茂市・中山道エリア

SECTION TOP

Exhibition 23. Roots
成田 周平 アリーズ カティキ Shuhei Narita, Areez Katki

2019/03/20 GALLERY

2019. 4/13 (土) - 5/5 (日)

12:00 → 19:00(最終日17:00) 会期中4/15(月)+ 火曜休み

 

Roots; ルーツ。自らの記憶と感情の始まりを超える想像の旅。岐阜県多治見市で作陶する成田周平と、ペルシャ生まれニュージーランド在住のアリーズ カティキ。生まれも育ちも異なる2人のアーティスト、それぞれの「Roots; ルーツ」を巡るかたち。今展のテーマは、自分自身という超個人的なスケールから出発し、祖先という他者へつながり、時間を遡るほどに自分自身の存在が見えなくなる終わりのない循環を想像することから始まる。陶芸作家・成田周平がつくるのは、球体の粘土の塊から手びねりで成形されるユーモラスなうつわ。化石や骨を思わせる造形と有機的な質感の蓋物を中心に、プレートやマグなど日曜食器も並ぶ。また、アリーズ カティキは祖母から伝授された編物や刺繍を表現手段に、世界中を旅し、その土地からのインスピレーションと徹底的なリサーチによる作品を制作するアーティスト。
本展では、彼らの作品 ─ 陶器と衣服、それぞれの表現に現れるルーツの断片に触れ、遥かなる過去と現在の日常、自己と他者の間を往来しながら、「今、ここ」にある現代的表現をお楽しみいただければと思う。それぞれのルーツ、はじまりの季節を感じて。

crossing 黒元 実紗

 

 

 

◎4.13(土)14(日)作家・成田周平 在廊日
作品について、制作についてお話を伺いに、ぜひお運びください。

 

 

 

 

[Areez Katki “Dolly & Dolly” コレクション]
今展では、日本初となるAreez Katkiの衣服コレクション展示販売を致します。2018年、アリーズはインドに長期滞在し、彼のルーツであるパーシー・ゾロアスター教徒の一族と生活を共にし、彼らの伝統的なて仕事をリサーチしました。手織物や刺繍、様々な衣服のテキスタイルとその裏側にある民族的歴史を背景に生まれたのが、新作の衣服コレクション “Dolly & Dolly” です。
インド各地で収集されたヴィンテージの手織り生地を再利用し、伝統的民族衣装からインスパイアされた洋服のフォルムを型に起こして制作された衣服は、作家本人の個人的物語から抽出された歴史的手仕事の現代的な解釈です。彼の希少なコレクションをぜひご覧ください。

https://www.areezkatki.co/

 

SECTION TOP

PAGE TOP
top

© 2018 Crossing. All rights reserved.