Exhibition 27. 好奇心 CURIOSITY

2019.08.09 GALLERY

林 志保 Shiho Hayashi

2019. 9/7 (土) - 9/23 (月)

12:00 → 19:00(最終日17:00) 火曜定休

 

ギャラリーという場所を訪れる一つの理由に「好奇心」がある。また、「好奇心」は人がものづくりをする原始的な衝動でもある。陶芸家・林志保の作品は、用に依らず、抽象的でありながら、その実、何を表すでもない − オブジェと呼ばれるようなものが多い。それは純粋に作家の好奇心の産物であり、空間におけるあそびのようなものなのだが、穴の空いたトーラスや、切断された立体を再構成し、そのズレによる違和感が空間に新たなリズムを生み出す造形は、私たちの空間に対する好奇心を掻き立てる。彼女の作品は、これまでもそうではあったが、昨今新たに取り組んでいる黒陶のブラックと窯変を纏い、一層コンテンポラリーな存在になった。平坦な壁にあそびを生み出す壁面作品や、自由な花あそびを誘う花器は、ギャラリーの白い空間だけでなく、和洋暮らしの空間にも意外なほどマッチするのも、彼女の作品が支持される魅力なのだろう。好奇心は人生を変える。ぜひ、最大限の好奇心を抱え、これらの存在を楽しんでいただきたいと思う。

GALLERY crossing 黒元 実紗

 

 

◎9.7(土)8(日)作家・林 志保 在廊日
作品について、制作についてお話を伺いに、ぜひお運びください。

 

 

 

 

We hold an exhibition Shiho Hayashi’s ceramic works.  “Curiosity” is a driving force for artists. Shiho Hayashi’s pottery is the product of pure curiosity. With elements such as torus shapes and reconstructions of fragmented objects, she makes us curious about the space we occupy. At the exhibition, you will experience her new approach to “black”. It’s not glaze that gives these works their black color. She fires them along with sawdust to produce a deeper, more wondrous shade of black through carbonization and color variation that occur within the kiln. This blackening technique makes her works all the more contemporary. Curiosity is something that enriches our lives. Enjoy this exhibition with as much curiosity as possible!

 

Profile |林 志保
1984年 兵庫県神戸市生まれ。2008年 京都市立芸術大学 工芸科漆工専攻 卒業。2014年 多治見市陶磁器意匠研究所修了。2019年 現在、岐阜県多治見市にて製作

SECTION TOP

PAGE TOP
top

© 2018 Crossing. All rights reserved.