吉田紳平

For example, it is the wind against your cheek
たとえば、それはあなたの頬に当たる風

2022年05月28日(土) ー 06月12日(日)

「The sea was smooth, free from waves」 海は波がなく、穏やかだった, 2022, 455×380mm

GALLERY crossingでは初となる、吉田紳平の個展を開催いたします。奈良出身の画家、吉田紳平は、自身の祖母の死をきっかけに描き始めたという、ファウンドフォトを用いたポートレイトを主軸に制作を続けるアーティストです。「For example, it is the wind against your cheek たとえば、それはあなたの頬に当たる風」と題された本展は、この数ヶ月の間に描かれた10点ほどの作品と、インスタレーションで構成される予定です。

吉田の描く、知っているような知らない誰かの面影。色鉛筆で描かれた朧げな印象に、ふとピントが会った時、鑑賞者の意識は絵画の精神世界に誘われ、感覚の扉が静かに開かれる。その時、私たちは存在する事、見ること、聴くこと、記憶すること、自身と他者の存在についての美しく親密な問いかけに出会うだろう。

黒元実紗 GALLERY crossing

「For example, you see a quiet night in your eyes」 たとえば、あなたの目には静かな夜が映っている、2022、320×410mm
「You are standing by the window」 窓辺にはあなたが立っている、2022、270×270mm
「For example, it is the wind against your cheek」 たとえば、それはあなたの頬に当たる風、2022、530×910mm

PROFILE

吉田紳平(よしだ・しんぺい)
1992年 奈良県生まれ。
2014年 京都造形芸術大学洋画コース卒業。

個展歴
2019年 「There was a silent night on my side」Artist in Residence Program (FRISE /ハンブルク)、2019年「The body is only a house of words and memories‒肉体は言葉と思い出の家にすぎない」、白金五丁目アワード アート部門・ファイナリスト展 (OFS Gallery /東京)、2021年「That star at night is closer than you think -夜のあの星は、あなたが思うよりも近くにある」(keiokairai gallery /京都)、2021年「Blick der Imagination-空想のまなざし 」(Mikiko Sato gallery /ハンブルク)

INFORMATION

吉田 紳平
For example, it is the wind against your cheek
たとえば、それはあなたの頬に当たる風

2022年5月28日(土)- 6月12日(日)
13:00 - 18:00
休廊日:火曜定休
作家在廊日:5月28日(土)