市川 陽子

市川陽子のつくる造形物は、動物の皮で器をつくり、漆を塗って硬化させる「漆皮−しっぴ」という技法でつくられている。その歴史は古く、飛鳥時代まで遡ることができるが、市川の漆皮は伝統技法から少し外れ、生皮でなく鞣した皮を使う。そして皮を漆で完全に覆わず、その質感を残している点が最大の魅力である。立体的な命を包んでいた皮膜は、鞣されて平面的な薄い皮となるが、それらは縫い合わせることで新たな立体となり、再び何かを内包する存在となる。その変容の過程こそが彼女の作品の核である。作品の外皮は漆の柔らかさと硬質さをまとい、内側には動物の命を包んでいた温度ある気配が残されている。

View more
  • 2021

  • 2021

  • 2021

  • 2021

  • 2021

  • 2021

プロフィール

  • 1985

    大阪市生まれ

  • 2011

    京都市立芸術大学 大学院修士課程 漆工 修了

  • 現在、京都市にて制作

主な個展

主なグループ展・フェア

  • 2020

    「青花の開|工芸祭2020」 GARRELY crossingより出展 (東京)
    「POSSIBILITY」 二人展 MUTTE (岡山)

  • 2018

    「いれもの」 二人展 GARRELY crossing (岐阜)

受賞

  • 2010

    京都市立芸術大学 制作展 奨励賞

CONTACT

  • *お名前
  • *メールアドレス
  • 件名
  • メッセージ