白石陽一

The Beautiful Errors

2021年02月20日(土) ー 03月07日(日)

白石 陽一 “The Beautiful Errors” , 陶, 2021

白石 陽一の作品は、原土と呼ばれる未精製の土塊を一度パウダー状に砕き、その後、人工的な土粒の造形として再構築したものだ。細かな工程の説明は割愛するが、ほとんど土に触れることなく行われるその制作風景は、作陶というよりも、彼が「事象」と呼ぶ“The Beautiful Errors:美しい誤作動”を視覚化するための、実験行為のようである。土粒を積み上げ、カロリーをかけて焼成することで生まれる自壊。不純物を含む原土の窯変により現れる色彩。液体の磁土のシワやヒビ割れ。これらは陶芸においては周知の出来事だが、白石は、微視的でマニアックともいえる美意識でそれらを見つめ、球形、円柱、立方体などの幾何形体にトリミングする。 偶発的な美しさを求めて制作された作品は、一見して自然現象のトリミングのように語られることも多いが、風化・崩壊する建造物の一部のようなテクスチャーはむしろ非常に人工的で、無機質な印象こそが本質である。微視的な美しさを求めて、石膏型に抑制された土粒のふるまいをプログラミングする行為。作品は、作為と無作為の間を行き来し、最終的には作為の塊のような造形物となる矛盾をはらんでいる。近く寄り、目で砂粒に触れる感触。砂つぶの一つづつは豊かな表情を帯びているが、遠くから眺めるその集合体は無機質でクール。“The Beautiful Errors” – アーティストの微視的な眼差しを共有する楽しみ。どうぞご高覧ください。

GALLERY crossing 黒元 実紗

白石 陽一 “The Beautiful Errors” , 陶, 2021
白石 陽一 “The Beautiful Errors” , 陶, 2021
白石 陽一 “The Beautiful Errors” , 陶, 2021
白石 陽一 “The Beautiful Errors” , 陶, 2021
白石 陽一 “The Beautiful Errors” , 陶, 2021

PROFILE

白石 陽一
1981年福岡県生まれ。
2010年多治見市陶磁器意匠研究所修了。
現在は岐阜県瑞浪市にて制作。

INFORMATION

白石 陽一
The Beautiful Errors

2021年2月20日(土)- 3月7日(日)
13:00 - 18:00
休廊日:火曜定休
作家在廊日:2月20日(土)

今後の展覧会スケジュール

3月20日(土)~ 4月4日(日) 光井 威善
4月24日(土)~ 4月26日(月) crossing selection
5月15日(土)~ 5月30日(日) 福井 守